写真

いろいろ 日常

あがり症は薬で治せる??

投稿日:

私、あがり症なんです。これはもう、性格だから仕方がないと思っていたのですが…なんか、薬で治せるかもしれないと知りました。

過度のあがり症は社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)という精神疾患 の一つらしいです。


精神科や心療内科で治療ができるそうです。

病院に行こうと思ったきっかけ

私は今まで、あがるような場面がほとんど出てこなさそうな仕事を選んできました。電話に出なくていい、人と必要以上に話さなくていい、複数名との打ち合わせがない黙々と作業できる仕事を。

派遣って事前にだいたいの仕事内容が聞けるので、そういう仕事を避けられるんです。

今回も、そのつもりだったのに…、なんと、朝礼のある会社でした。業務内容に書いておいて欲しかった!!!

朝礼は今までもある会社はありましたが、ほとんど上の人や担当の人が仕切っていて業務連絡程度でした。しかし、今回の会社は朝礼当番があり、必ず順番が回ってきます。

特に自分の意見や体験を語るというクソみたいなことをしなくてもよく、淡々と進行し、資料の読み合わせをしたり…という程度です。しかもせいぜい20人程度の前で。

でも、その程度でも極度に緊張し、手足声が震え、頭が真っ白になるのです。

自分でもおかしいと思います。なんでこんなちょっとしたことで体がこわばるのだろうか??と頭では思っています。でも、体が緊張してしまい、制御できません。

朝礼当番の日が近付くと、毎日が憂鬱になるほどです。今後ずっと続くことなので、どうにかしなければと思いました。

市販薬を試してみた

とはいえ、精神科・診療内科に通う思い切りが付かず、まずは緊張に効くという市販薬で試してみようと思いました。

使用したのはノイロンホルテS。


ゆっくり効いていくということで、前日の夕方頃から服用し、朝も飲んで朝礼に臨みました。

結果は、何も飲まないよりは良かったのではないかと思います。でも、やはり緊張して手足声が震えました。飲まなかった時よりかは、多少落ちつけたかと思いますが…朝礼当番の緊張の方が勝ちました。もっとライトな緊張の場面には効いたかもしれません。

副作用で眠くなったりしないだろうか…と心配でしたが、私は眠くなりませんでした。でもなんだか思考にちょっとモヤがかかったような、ボーっとした感覚がしばらくありました。ただ、それぐらいで、特に困ることは起きませんでした。

しかし…朝礼の緊張には効果といえるほどのものはなかったため、次回の朝礼当番がまわってくるのが怖くて、やはり病院に行こうと決意したのでした。

メンタルクリニックへ

血液検査とカウンセリングを受けて、治療の方針を決めました。

毎日薬を飲んで長期的にあがり症を治していくか、緊張する場面の前に飲む特効薬のようなものにするかと聞かれたため、私は普段の生活の中ではそこまで緊張する場面がないため、緊張する場面の前にだけ服用するタイプを選びました。

薬によって落ち着いて行動することができたら、その成功体験を積み重ねることによって脳を学習させて、あがり症を治していきましょうということに。

さて、そうして処方していただいたのはロラゼパム。

これを朝礼が始まる1時間ほど前に飲んでみると…

あら、びっくり!あれほど震えていた手足声が震えません!多少ドキドキ感はあるものの、身体的に表立った症状が出ないため、落ち着いて進行することができました。

正直、あまり信じていなかったので驚きました。こんなに落ち着いて人前に立つことができるとは!!たぶん、普通の人がちょっと緊張している時ぐらいの緊張の程度です。

長年諦めてきたことだったので、とても嬉しかったです。本当に効果あるんですねぇ…

副作用はあまり感じなかったです。眠くなることもなく。

私は今まで服用した薬で何かしらの副作用が出たことがないので、薬に強いだけかもしれないのですが…

問題は、メンタルクリニックって診療代が高いこと。

初診では血液検査も受けたため、4000円近くかかりました。薬代はロラゼパム4錠で400円ほど。二回目の診察では5分に満たない診察で1200円。

結構なコストがかかります。やっぱ人前にに一切立たなくていい仕事に転職しようかなぁ…と言う気持ちがよぎるのでした。

-いろいろ, 日常
-,

Copyright© よまいごとろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.