婚活

社会人サークルで出会ったのはマルチ商法(Amway)の勧誘する人だった

更新日:

婚活を何年もやっていると色んな人に会います。危ない目に遭ったことはないのですが、ちょっと残念な出会いはありました。
もう数年前のことなのでうろ覚えですが、参考になればと思い、記しておきますね。

当時、婚活パーティー、結婚相談所、ネット婚活などをやってきましたが、なかなかうまくいっていませんでした。(今もですが。)
そこで気分を変えてみようと「婚活」を意識しすぎないもっと気楽な出会いを求めて社会人サークルという名の飲み会に申し込んでみたことがあります。

そこで知り合ったのはマルチ商法「アムウェイ」勧誘者でした。

旦那も欲しいが友達も作りたい→社会人サークルに参加してみた

当時、東京から戻ってきたところで、そもそも私は地元にそんなに友達がいませんでした。さらに大人になるとなかなか新しい友達もできず、固定化した毎日に閉塞感を感じていました。そこで、婚活目的だけでなく、友人作りも期待して社会人サークルに参加しました。

社会人サークルは”旅行好きな人”とか”野球好きな人”など自分の趣味に沿ったものが探せることも良い点です。
ただし、参加制限がない限り、恋人がいる人や既婚者も参加できるので、婚活目的のみで参加するのは効率が悪いと思います。

私は”ジブリ好き”という括りのものに参加してみました。

立食パーティー形式で色んな人と話すことができましたが、気になる男性はいませんでした。じゃ、そっちは諦めて、女の子の友人ができないかなーとみていると、人懐っこく話しかけてくれる子(Sさん)がいました。その子は友達と2人できていて、その友達(Mさん)も紹介してくれました。

意気投合し、連絡先を交換し、また会うことを約束しました。

楽しいイベントに招待される

Sさんは交友関係が広いらしく、私が新しい出会いを求めていると知ると、自分のコミュニティで行われるイベントに誘っていくれました。
マンションの一室で10人程度の20代~30代前半の男女が集まり、たこ焼きパーティーをした後はゲームをやるという普通に面白いイベントでした。

20代は仕事だけやってきた自分には新鮮で、こういうのを若いうちにやっておきたかったーと思ったものです。

次にまた別のイベントに誘われました。知り合いの洋菓子専門校生がカフェイベントをするということで、タルトと紅茶のケーキセットを750円で出すということです。

場所は同じマンション。Sさんと仲良くなりたかった私はまた参加することにしました。
隣の部屋ではショップ店員をしているという方が自分が買い取りした服を安く販売するというバザーのようなこともやっていました。

やってくる人は皆知り合いのようでした。年齢、職業がバラバラな人たちがこんなに集まって仲良さげに語り合うイベントっていいなーと思いました。また、自分のやりたいこと、目標を持っている人も多かったので印象が良かったです。私自身、やりたいことがあって東京に行っていたということもあり、夢を追っている人が大好きだったりします。

しかし、同時にどうしてこのような繋がりが出来上がったのか、ふと疑問に思いました。

Mさんの家に招待される

Sさんと何回か会っていくうちに、今度はMさんの家でランチパーティーを3人でやろうと誘われました。私は一人暮らしの人の家に行くのが大好きだったので、即OKしました。一人暮らしの他人の家に行くとなぜかくつろいでしまうんですよねーなんでだろ。

しかし、彼女の家に一歩踏み入れた時から勧誘は始まっていたのでした。

3人で楽しくクッキングすることになりました。作ったのはシチュ―。

本当に簡単にできるんだよーといいながら、食材は全てフードプロセッサーでカット。鍋に全ての食材をいれて電気コンロのスイッチをオン。これだけで簡単にできるの!と自慢げに話します。

私もあまりの簡単さにびっくりし、便利で良いねーと言いました。出来上がりもとてもおいしかったです。

Mさんのプレゼン開始!

そして、食べ終わったあたりからMさんの怒涛のプレゼンが始まります。

先ほどの料理で使ったキッチン用品はアムウェイで購入したもので、こんなにおいしい料理が楽に短時間でできるとか、味が良いのは浄水器からの水がおいしいからだ、とか。
歯ブラシは何を使ってる?アムウェイのはこんなに品質が良いんだよ、洗濯洗剤は?無添加でこんなに綺麗に汚れが落ちるよ(実演あり)、とか。
睡眠不足で疲れていても、このサプリを飲めば朝はスッキリ起きられるよ!とか。アムウェイのサプリのおかげでこんなに体調良くなった!とか。

カタログも見せられました。確かに品質は良いかもしれませんが、値段が高すぎです。私は一人暮らしも長年経験し、生活用品の物価も理解しており、自分の生活にかけられるコストは把握しています。アムウェイの商品を購入するには自分の給料が見合っていないことはすぐにわかりました。

そして、労働収入と権利収入について語られました。働かなくても入ってくる収入って何だと思う?って得意げに話されました。
アムウェイをやれば権利収入が入ると。商品を使ってみて良ければ、友人に広めて、その友人が購入すると私にも権利収入が入ってくるとのこと。そしてその友人がさらに別の人に購入してもらうと、その権利収入も入ってくるとか。
権利収入が増えれば辛い思いをして会社に行かなくても暮らしていけるし、空いた時間で好きなことができるよ!と。
アムウェイとはどういう会社なのかということも紙とペンを使って図を書きながら丁寧に説明してくれました。

まぁ、正直、引きますよね…それなりに世間を知っている大人だったので、アムウェイのことは知りませんでしたが、これはマルチ商法の勧誘だということはすぐに悟りました

紙とペンで説明を始めたあたりから、なんか始まったぞ…と冷めた気持ちで見守りました。心のどこかでこういうことが起こるかもと覚悟はしてました。やはり見ず知らずの人と仲良くなるということで多少の警戒心はありました。とはいえ、まさにマルチ商法の勧誘が目的で私と仲良くなりたかった訳じゃなかったとわかると、ちょっとショックでした。

しかし、気持ちを切り替えて、どんな感じに勧誘されるのか観察することにしました。

現代では会社員だとしても、いつ仕事がなくなるかわからずとても不安定であること、副業をすべきだと言われました。Mさんの知り合いはだいたいは副業をやっていると。とにかく収入に対する不安を煽られました。

私も派遣社員ですので、その意見に対して同意するところはありますが…かといって、そもそもアムウェイで自分が成功できるビジョンが浮かびませんでした!

だって、私、交友関係めちゃめちゃ狭いですもん!!小・中・高・大の友人のほとんどのことを忘れちゃうくらい淡泊です。だから今になって寂しさを感じて友達を作ろうと思ってサークルに参加したのに。
でも、その割に根っこではたくさんの友人知人を作ることがめんどくさいと思っていたりします。人付き合いは適度な量で済ませたいです。

そんな淡泊人間が、マルチ商法で成功するわけないじゃないですか。数少ない友人を失いたくないですし。

そして、自分で使うにしても値段が高い。どんなに品質アピールされても、先立つものがないし、あったとしてもそこにお金をかけたくない。

健康不安も煽ってきました。現代人はいかに添加物、毒にまみれているか、と。添加物の取りすぎで遺体が土に還らないという話もされました。

その話を聞いて、結婚できずに孤独死する可能性も考えていたので、逆に、え、それっていいね!とかって言い返してしまいました。発見が遅れても腐敗しないならありがたいですねー

健康だけが取り柄の私に健康不安煽られてもなぁ…
そもそもアムウェイに頼らなくても元気で長寿の方々の方が多いし、毒毒言われても快調な日々なので実感がわきませんし、その話が本当だとして別にもういいやって思っているのに。見えないものを気にしすぎてもねぇ…

そんな感じで、Mさんの話が何一つ心に響くことはなく、そんな様子が伝わったのでしょうか、時間がきたのでお開きになりました。ちなみに、このランチパーティーでは材料費ということで1000円ほど徴収されています。千円も材料費かからないよなー…

Mさんは、その後は仲間たちとお祭りに行くとのことでした。ちなみにその仲間ってアムウェイで知り合った人達のようです。まぁ、楽しそうでした。充実はしているのでしょうね。ただ、アムウェイをやらないと入れないコミュニティは私が入りたい世界ではないと思いました。

実演会のその後

Mさんの家まで連れてきてくれたSさんは最寄りの駅まで車で送ってくれました。車の中での会話はアムウェイとは関係なく、彼氏のことや仕事のこと、普通にSさん自身のことだったので、友達になれないかなーとまだ淡い期待は抱いてしまっていました。

その後、今度は知り合いがエステ会をやるということで誘われました。Sさんのが誘う会はアムウェイがらみでは…という不安がありつつもアムウェイなしで友達になってくれないかなーと思っていた私は参加することにしました。しかし、当日、私の方にハプニングがあり、行けなくなりました。キャンセル料として2500円はしっかり払わされました。準備してしまった化粧品代だそうです。

それをきっかけに、目が覚めたかのようになんだかSさんと仲良くなりたいという気持ちも離れてしまい、それ以降は会うことをやめました。
あとで調べて知ったのですが、そのエステ会ではアムウェイの化粧品を使い、勧誘が始まるようです。

2500円無駄に払うことになりましたが、まぁ、これ以上めんどくさい勧誘にあわずに済んだので良かったのかもしれません。彼女たちが見ているのは私自身ではなく、カモとしての私でしょうから。
Sさんも私がカモになりそうにないと悟ると全く連絡をくれなくなりました。

残念なものの、勉強になる出会いでした。

 

-婚活
-

Copyright© よまいごとろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.