アイキャッチ

婚活 婚活パーティー

アラフォーでホワイトキーに参加してみた件 その2

更新日:

前回の参加の時、中間印象相性診断シートやマイページから見ることができるリアル婚活診断など、リアルすぎるデータが出ることに恐れおののきました。傷つきたくないので、なるべくならボヤっとボカしておきたいことってありますよね。そんなわけで少しホワイトキーの参加をためらっていましたが、やはり参加費の安さと出会える人数が魅力的だったので、自分を奮い立たせて参加してきました。

現段階で3回目の参加を終了していますが、とりあえず、2回目の時の様子を書いておきます。ちなみに、3回目にしてやっとホワイトキーの良さが理解できたので、それはまた後日書きたいと思います。

 

さて、ホワイトキー参加2回目。今回は同じ地域でも前回と違う会場にしてみました。

男性の条件はノンスモーカー&年収500万円以上、34~44歳。女性の条件は34~44歳。

女性の条件って年齢以外ないことが多いですよねー。毎度すみません、と思いつつ、ありがたいです。

前回の参加の様子はこちら↓ パーティーの流れを書いてあります。
アラフォー女、婚活パーティーに復帰。ホワイトキーに参加した感想。

 

2回目の参加はどんな感じ?

今回、集まった人数は男女それぞれ16人、合計32人。今回も男女の数が合っています。すごいですね。普通はなかなか合わないですよね。

会場は違えど、パーテーションで区切られたスタイルは同じです。背中合わせに4人が一区画に座ります。

今回も紙コップに用意されたウーロン茶か緑茶を頂けます。おかわりOK。そして、今回はスイーツ付きのパーティーということで。ちょっと楽しみにしていたのですが…私は食べ損ねました。どうも、フリータイムの時間にお茶が置いてある辺りにお菓子も置いてあったそうですが、フリータイム中は席から立つことができず、何が置かれているのか確認すらできませんでした。そうこうしている間にあっという間になくなってしまったそうです。お隣の男性が教えてくれました・・・

さて、2回目ともなればプロフィールシートの記入もスムーズです。前回の書き方で改善した方が良いかなーと思ったところはちょっと変えてみたり。とにかく、全部をきっちり埋めます。あとは始まるのを待つのみ。

前回でどういう流れで進められるのかを経験したため、今度こそ落ち着いて気になる人を探そう!と思って臨んだものの…結果は、またも誰も選べませんでした。

やはり、短い時間でメモを取りながら話さねばならず、誰が誰だかわからないという状態で、一周目終了。そのため、またも中間カップリング指名シートを記入できませんでした。これが大きな痛手だったということは3回目に参加した時に気づくのでした。

でも、言い訳をすれば、この人!!って人がいなかったから、いざカップル希望を出すときに誰も書けなかったんだと思います。こういう時は無理に書かなくてもいいはず。

恐怖の完全フリータイムは今回は3回。無事3回ともすぐにお客さん(笑)が来てくれました!ただ、そのせいでお菓子を頂けなかったんですけどね。フリータイムは女性も席を立ってお目当ての男性を目指してもOKです。でも、男性の方が動くという雰囲気が出来上がっている&実際、男性の方が素早く動くため、男性が自分の番号の席にいない可能性が高いです。そしてパーテーションで区切られているため会場を見渡すことができないため、女性からお目当ての男性を目指して行くのは至難の技だと思います。

だから女性は男性を待っているお姫様状態になります。怖いですね!!!

ちなみに、トイレに行きたい人はこの時間に行きます。だから、独りぼっちになっちゃう人もいます・・・

この後、運営側が指定した相手とのフリータイムが3回ありました。最初の2回は男性が女性のいる席に来てくれます。3回目は女性が男性の席に行きます。これは珍しいですよね。いったん席から離れてスタッフのもとへ集まり、支持をもらいます。でも、これ、なんか意味あるのかな??女性もライバルをチラ見できるようにというサービス?

例えば完全フリータイムの時に、1回目は女性は動かず男性がお目当ての人に自由に移動、2回目は男性が動かず女性がお目当ての男性のもとへ自由に移動する…ってスタイルならわかるのですが…

さて、今回もフリータイムの時間に中間印象相性診断シートが配られます。が、なんか今回は小さなカードも数枚渡されました。後で確認すると、アプローチカードでした!この時はなんとなく嬉しいな~程度にしか思っていなかったのですが、よく考えたら、このカードは一人にしか渡せないものなので、このカードをくれるということは1位指名してくれているということですよね?!家に帰ってじっくり中間印象相性診断シートと見比べてみると、やはりその通りでした。

アプローチカード

これは、最後のカップリング指名の時には、やはり参考になります。1周目でこの人!と思った方がいれば、良いアプローチ手段になると思います。

このアプローチカードをくれた人の中で少し気になるかもと思った人がいたのですが、フリータイムでは1回も話すことができず。話せなかったものの、最終カップリング指名に記入してみましたが、カップルにはなれませんでした。

参加男性チェック

さてさて、今回はどんな男性が参加していたのか、というと・・・

今回の参加条件破りのメンズから。

初めて会ったのですが、年齢制限の下限に満たない方がいました。見た目から若いな~と思ったのですが、実際、年齢が若かった。思わず、参加するパーティー間違ってない??と聞いてしまいました。すると、色んな人にそういう風に聞かれたそうで、苦笑いしていました。そりゃそうよねー。ちゃんとわかってて参加されたそうです。あまり気にしてないそうです。男性では珍しいですよね。

男性の最年長は49歳。毎度のことながら、年齢制限で44歳までって言ってるのになぁ…とちょっと引きます。でも、そういう人って年収が高かったりします。その方は1500万超えしてました。自分に自信があるんでしょうね。たしかに見た目もおしゃれな感じでイケメン風でした。でも、49歳には見える。見た目年齢でも44歳には見えないぞー

ノンスモーカー限定なのにスモーカー。笑。これはだめでしょー!!!他のパーティーに参加しようよと思いました。個人的には年齢がどうのこうのより質が悪いと思うのですが。

 

他、今回は年収制限がちょっと高めのせいか、年収欄未記入の人がとても多かったです。それは…女性が年齢を書いてないのと同じことですよね。嘘を書くよりはいいですが、やはり不信感はあります。

書いてある人は年収600~800万くらいの方が数人いました。職業は会社員さんが多かったです。公務員さんも一人。年齢40~44歳の方が多かったです。30代は少数。中にはイケメンさんもいましたよー!年収書いてなかったけど。

全然人の話を聞かなくてグイグイ来る人が1人いたぐらいで、他は当たり障りのない、常識的なコミュニケーションがとれる方たちばかりでした。30代前半に婚活パーティーに参加した時は、結構嫌な人に遭遇しましたが、アラフォーはコミュ力が備わっている人が多くて今回もそれほど辛い思いはしませんでした。

 

 

と、まぁ、こんな感じだったのですが、この後、参加3回目にしてやっとホワイトキーのシステムを理解したのです。それはまた、次回、書きたいと思います。

アラフォーでホワイトキーに参加してみた件 その3

 

-婚活, 婚活パーティー
-,

Copyright© よまいごとろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.