おでかけ

廃墟とうさぎの島 広島県大久野島へ

投稿日:

広島観光!ということで、気になっていたウサギの島に行ってきました。
ウサギも気になるのですが、大久野島といえば毒ガスを作る工場があった島。その廃墟も気になっていました。

行ったのは3月中旬の平日。春休み期間だったせいか思ったより観光客がいましたが、たぶん、空いている方ですかね。

広島駅から電車で大久野島へ

広島駅8時11分発に乗り、三原で乗換えて忠海に10時9分着。
広島駅からは結構かかりますね。運賃は片道1320円。

忠海港から客船で大久野島へ。運賃は往復で620円。
フェリーでしか行けないと思っていたのですが、客船もあったため、思ったより早く大久野島に到着しました。

客船は結構揺れます…15分程で到着とのことですが、そんなに長く感じなかった。

時刻表

船内にあった時刻表

大久野島到着さっそくウサギが・・・

桟橋からを歩いて島内に入るとさっそく至る所にウサギが!!
島に着いてすぐ左に待合室とトイレがあります。そこの周辺にもウサギがたくさん。テンションがあがります。

ウサギ

日陰に集まるウサギ

ウサギが特別に好きなわけじゃないし、別にエサやりはいいか…と思い、エサを準備してこなかったことを激しく後悔。

※大久野島ではエサを販売していません。エサやりをしたい方は事前に自宅で準備して持って来る必要があります。

人参棒作ってくればよかったーーーカリカリ食べてる姿がとても愛らしい。と、人様のエサやりをうらやましく見ながら通り過ぎました。

この桟橋辺りから島内唯一の売店施設がある宿泊所・休暇村へは無料送迎バスが出ています。

ウサギを見に来ているため、歩いて島を一周することにしました。

綺麗な景色とウサギを見ながらのんびり歩きます。キャンプ場の横を通って毒ガス資料館へ。

規模は小さかったです。収蔵品も少な目でちょっと残念でしたが、歴史を知るいい機会でした。

ビジターセンターは残念なことにお休みでした。水曜休みとは…入ってみたかったなぁ

そんなこんなでウサギと綺麗な海をながめながら休暇村へ到着。入ってすぐのうさんちゅカフェで軽く何か食べることにしました。

休暇村でひと休み

うさんちゅカフェは食券を購入するタイプのカフェ。限定メニューを食べたくて自販機を見ると、全て売り切れ。まだ12時にもなってないのに・・・?!と思ったのですが、どうやら今日は販売していない模様。残念でした。平日に行くと混んでなくてよいのですが、こういうこともありますよね・・・

仕方ないのでタコのから揚げを食べました。おいしかったです。

廃墟・海・ウサギ

休暇村を出て海沿いを歩いていくと、毒ガス貯蔵庫が。

毒ガス貯蔵庫跡

毒ガス貯蔵庫跡

思ったより大きかったです。
いや、これも良かったんですけど、向かいにある砂浜があまりに美しくてちょっとそっちに注意がいってしまいました。

青い海青い空

そのまま海岸沿いの道を歩いていくとちょっと上り坂に。
廃墟に寄り道して、もとの一本道に戻って・・・を繰り返しました。

廃墟

廃墟

小高いところに出て下を眺めました。サイコーに綺麗な海!島!

海と島

青い海

道端にはもちろんウサギがいます。
赤ちゃんウサギにも出会いました。ふわふわでとてもかわいらしい!やっぱエサを持って来ればよかった。

うさぎ

赤ちゃんウサギ

そうして歩いていくうちに楽しみにしていた廃墟、発電場跡へ。
かっこよかったです!窓枠が外れかけていたり、ひしゃげていたり。残念ながら立ち入り禁止なので近くで見ることはできませんでした。さらに残念なことに逆光で全然撮れていませんでした・・・

発電場跡

発電場跡

そして最初の地点、桟橋へ。のんびり海沿いを一周して4時間かからなかったくらいでしょうか。多少の上り下りはありますが、きついコースではなかったです。
島の隅々まで散策するならもう少し時間があるといいですね。自転車も借りられるみたいです。

待合所はベンチが少なく、船が来るまで立って待ちました・・・ちなみに地面はウサギのフンだらけなので、ビニールシートは敷きたくないかも…

帰りはフェリーに乗って帰りました。フェリーはやっぱり安定感がありますね。

-おでかけ

Copyright© よまいごとろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.