写真1

おでかけ

桜を見に京都に行った時の話

更新日:

今更ですが、京都へ花見に行った時の話をメモしておこうと思います。
平日に休みがとれたので、思い立って行ってきました。3月30日でした。今年は開花が早く、満開の超見頃でした。

観光地として国内外から大人気の京都。花見客も加わり、平日とはいえどこも大混雑。そんな中でも、ここは穴場かな?と思えるところもありました。あくまで平日における混み具合なのですが、参考にしていただければ幸いです。

名古屋から「青春18きっぷ」を使用して、京都に向かいました。

毘沙門堂の見事な枝垂れ桜 穴場スポット?!

まずは京都の手前、山科で下車して毘沙門堂へ向かいました。山科には午前11時頃到着。閑静な住宅地を抜けて15分くらい歩きます。住宅街もところどころに桜が植えられていて趣があって素敵でした。

途中、半分くらいの地点で山科疏水を横切るののですが、こちらも桜スポットでした。こちらは正直、まぁまぁでした。桜のボリュームが足りない・・・

さて、到着。拝観料は大人500円。境内の桜を見るだけなら無料です。折角なので入ることをお勧めします。動く襖絵など面白いものがたくさん見れますし、立派な枝垂れ桜の正面に座ってゆっくり観賞することもできます。
ちょうど見頃でした。枝垂れ桜が3月のうちに満開になるのはとても珍しいことみたいです。

写真2

 

正面に座ると視界が桜で埋まります。のんびりしました。

写真3

 

ソメイヨシノもとてもきれいでした。
人はやや多かったですが、ゆっくり見ることができる程度で、この後行くところに比べればとても快適でした。京都駅から少し離れていてマイナーな方面だったからかもしれません。

一日の旅を終えて振り返ると、京都らしい桜を楽しめる穴場だったと思いました。

山科から蹴上へ

帰りは山科疏水沿いを少し歩いてから山科に戻り、地下鉄東西線で蹴上へ。2駅です。蹴上駅すぐ近くの蹴上インクラインへ。

到着時間は12時40分頃。

こちらに来るのは15年ぶりくらいなのですが…めちゃくちゃ混んでいてびっくりしました。昔はこんなに人いなかったなーー

桜と線路のコラボをみたかったのに、人が多すぎて線路は見えません・・・

写真4

 

桜はとてもきれいでした!傾斜に植えられているので花がちょうど目線の高さにあり、間近に見えました。スタート地点は公園として整備されているので、桜を見ながら昼食をとっている方が多くいました。

次に南禅寺に歩いて向かいます。13時10分頃到着。

南禅寺で三門に上り、上から桜をみました。

写真5

 

次に永観堂の方へ行き、永観堂は通り過ぎて哲学の道を目指しました。

哲学の道

混んでいましたが、蹴上インクラインほど歩きづらくなかったです。ソメイヨシノ以外の桜も満開でした。小さな川に満開の桜。川沿いの家々も風情のあるものから、ちょっとデザインがおしゃれな家まで色々見れて楽しめました。お店もあるので休憩しながら散歩してもいいですね。私はひたすら歩きました。

写真6

 

銀閣寺のあたりまで歩きました。のんびり歩いたので30分くらいかかったと思います。
白川通からバスに乗って今度は円山公園を目指します。

円山公園はおすすめしない

円山公園の枝垂れ桜が有名ですよね。しかし、1回も行ったことがないことに気づき、行くことにしました。八坂神社前でバスを降り、円山公園の方へ行きましたが…人が多すぎる!!

時間は15時頃だったのですが…一番混む時間帯??

超有名スポットで繁華街の近くだし、混むのは当たり前ですが、嫌になるほど人が多かったです。八坂神社から円山公園まで出店がびっしりで、道が狭くなって余計混んでいるし、風情がまったくなかったです。
逆に言えば花より団子派の方にはおいしそうなものがたくさんあっていいかもしれません。宴会もしていました。

肝心の枝垂れ桜は…盛りを終えて散り始めていました。それもあり、毘沙門堂の満開の枝垂れ桜を見た後だったので、そんなに・・・って感じでした。たぶん、風情が足りてなかったことも感動を妨げていた気がします…。ゆっくりはできそうにないので、早々に退散することを決め、そこから歩いて清水寺に向かいました。

清水寺も失敗

歩いている途中から薄々気づいていたのですが…清水寺も人が多すぎです。15時40分頃到着。さすが観光名所中の名所。清水寺に近付くにつれ道が無茶苦茶混んできました。ここまで来たし、行ってみるかと思い、人混みに負けず本堂前まで来たのですが・・・、なんと本堂は工事中。

清水寺でライトアップを待とうと思っていたのですが、本堂が工事中だったことと、あまりの人の多さに心が折れて行くのを止めました。

時間が余ったので、歩いて京都駅に向かいました。清水寺ではなく、東寺のライトアップに行くことにしました。この選択は大正解でした。

東寺のライトアップ 穴場かも・・・

東寺のライトアップは18:30~ということで、マックで時間をつぶすことにしました。
八条口のマックは混んでいるので、駅の向かいにあるショッピングモール・京都アバンティのマックへ行くことに。地下から行けます。
B1には小さめのフードコートがあり、学生が多くいましたが、席は選べるぐらい空いていました。

そこで時間を潰し、日が暮れる頃、東寺へ向かいました。18時30分頃到着。門の前には列ができていましたが、ゆっくり進み、10分くらいで入れました。
拝観料は500円。

入った瞬間からその美しさに感動です。まずは東寺のライトアップの全景が眺められます。皆さんが足を止めて写真タイムです。
入口付近にある枝垂れ桜がめちゃくちゃ綺麗でした。この日は月が出ていてコラボ写真が撮れました。

写真7

 

混んでいましたが、奥に入ればそれほどでもなく、許容範囲です。こちらも穴場スポットかもしれない。

建物と桜のライトアップがとてもマッチしていて夢のような空間でした。来てよかった。
ちなみに、お堂の中には入れません。外からお参りします。仏像がそっと浮かび上がって幻想的でした。

ここでは40分くらい滞在。

写真8

 

日が暮れるとさすがに寒くなってきます。防寒対策はしっかりしていきましょう。

途中、お茶の試飲をしている箇所があり、そこで温かいお茶を頂きました。

歩いて京都駅に戻り、京都日帰り花見の旅は終了です。
一日中歩き回ってくたくたですが、最後にとてもきれいなライトアップが見れたので大満足でした。

-おでかけ

Copyright© よまいごとろぐ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.